アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
遺品整理した部屋のあるアパート

遺品整理における環境

現在、日本は高齢化によってお年寄りの数が増え、少子化や核家族化によって子どもと一緒に暮らす親が減り、さらに、地域コミュニティの希薄化によって隣近所との付き合いが無くなりました。
その結果、大きな社会問題として浮上してきたのが独居老人の孤独死です。
毎年、何万人もの独居老人が引き取り手の無いまま孤独死をしており、年々その数が増加傾向にあります。そこで、新たな問題の発生しているのが「遺品整理」です。

従来、故人の遺品は家族が形見として残したり、要らないものは不用品回収に出したりしていましたが、少子化や核家族化の影響で遺品の引き取り手がいなかったり、遠方に住んでいることで遺品整理ができなかったりするケースが少なくありません。
このような社会環境の変化によってニーズの拡大しているのが主に不用品回収業者が行っている便利屋という遺品整理を行う業者であり、社会的背景もあって便利屋の数は毎年のように増加しています。
なお、便利屋は回収した遺品をリユース品と不用品に分別し、再販したり、不用品回収業に回したりしています。
ところで、便利屋の中には利用者に対して不当な料金を請求したり、不用品を不法投棄したりするところがあります。
現時点では遺品整理の事業に関する法整備ができていないこともあり、法的な抑止力の無い状態になっています。
今後も需要の拡大が見込まれている折から、不用品回収におけるガイドラインの策定や法令の施行が必要になっています。

遺品整理した部屋のある住宅

業者の活用

遺品整理は、依頼する部屋や住居の広さや間取りによって、派遣されるスタッフ数や運搬や処分に関わる手間が異なるので、部屋数が多いほど基本料金が高くなります。
遺品整理は、通常の不用品回収よりも丁寧に物を取り扱ってくれる、遺品整理専門業者に依頼するのが便利です。
形見分けの手続きや、供養など遺品整理ならではのサービスを提供している業者もあります。
不用品回収は、依頼する際に回収して欲しい製品の量を予め伝えておくので、それに合わせて運搬に必要な人員や車両が手配されます。
見積りを依頼する際に、製品の詳細を伝えておくことで、最終的に支払う料金に近い価格を知ることができるので安心です。
リサイクルや中古市場でニーズの高い製品は買取ってくれるので、最終的に支払う金額は、買取価格と処分にかかる費用によって、支払う金額または受け取る金額が多いかが変わってきます。

不用品回収に依頼する前に、必要な人にあげたり、自分で処分した方がコストが抑えられる方法があることも知っておくと便利です。不用品回収業者を利用するメリットは、一度に様々なものを回収してもらえることなので、そのメリットを活用しながら、自分ができることを探してください。
生活の中の様々な雑務をサポートしてくれる便利屋も全国にあります。
便利屋は、遺品整理や不用品回収は勿論、ハウスクリーニングや住宅の修繕、庭木の手入れや引越しなども行います。
どこに依頼したらいいか分からないことは便利屋に依頼するとスムーズです。
複数の依頼を一度にできるので、頼れる便利屋を見つけておくことも有効です。